一般私Bc法人 社会調査協会は、社会調査の高度で科学的な水準向上を推進します。
TOPページへ移動

HOME > 機関誌「社会と調査」最新号 > 「社会と調査」 第7号
「社会と調査」6号
「社会と調査」6号 2011年3月
特集
福祉と医療をめぐる現場学
社会と調査のご購入は、書店・Amazonで。
※社会調査協会では、販売しておりません。
これからの社会調査を考える 日本行動計量学会名誉会員・『社会と調査』元編集委員 池田 央
特集:福祉と医療をめぐる現場学
arow
PDFアイコン
1.分析結果を公表することの困難 種田 博之
2. はたらきながらしらべる 前田 拓也
3. 医療・福祉のフィールドワークに関するいくつかの留意点 伊藤 智樹
4. 調査が困難なフィールドといかに向き合うか 浮ケ谷 幸代
5.北九州市でのホームレス調査 稲月 正
6.過疎地域における社会福祉調査の課題 高野 和良
7.調査研究における公表の了解について 三井 さよ
政治的争点に関する世論調査とそれにまつわる問題 ―選択的夫婦別姓を事例として― 斉藤 慎一
調査の現場から
arow
PDFアイコン
選挙出口調査の方法と精度 福田 昌史
調査実習の事例報告
arow
PDFアイコン
東京の地方出身者を調査する ―東洋大学社会学部社会学科イブニングコースでの調査実習― 多田 光宏
「老舗ブランド」を支える基礎教育 吉川 徹
働く社会調査士
I.社会とかかわる魅力 片岡 真子
II.アンケートでもとって 牛山 素行
社会調査教育に役立つデータ・アーカイブ
―SRDQ(質問紙法にもとづく社会調査データベース)によるテキスト―
川端 亮
Column 調査の達人
arow
PDFアイコン
林 知己夫 ―透徹した哲学と調査への愛着― 飽戸 弘
ルイ・ガットマン 真鍋 一史
Column 世界の調査/日本の調査
arow
PDFアイコン
アジア・バロメーター ―その意欲的な調査がめざしてきたもの― 園田 茂人
国民生活選好度度調査 今田 高俊
Column 社会調査のあれこれ
arow
PDFアイコン
ジェンダー統計の主流化をめざす動き 目黒 依子
「常識」による推論 ―シカゴ学派は古いのか― 宝月 誠
西川麦子著「フィールドワーク探求術」/ 工藤保則・寺岡伸悟・宮垣元編「質的調査の方法」 北澤 毅
牧野カツコ・渡辺秀樹・船橋恵子・中野洋恵編「国際比較にみる世界の家族と子育て」 田渕 六郎